Man vs Horse Marathon

山あり川ありのトレイルルートを「人間」と「馬」が競い合うマラソンレース

英国ウェールズ中部の原野で毎年開かれているのが、山あり川ありの22マイル(約35Km)を、「人間」と「馬」が競い合うマラソンレース「Man v Horse Marathon」だ。あるパブでの酔っぱらい同士の会話から始まったという、この奇妙で無謀なレースは、やはり当然のことながら、これまで全て「馬」側の勝利に終わってきた。


このレースの面白いルールとして、「馬」が勝った年は、賞金が翌年に持ち越されてしまう。過去24回全ての敗北により、25回目となる今年の優勝賞金は、『25000ポンド(約513万円)』にまで膨れ上がっていた。500万円だッ! 「スティール・ボール・ラン」ファーストステージの優勝者に支払われたボーナス金『1万ドル(約120万円)』を遙かに超える金額だ。

そして2004年6月12日。馬47頭、人間566人(馬の扮装をした人間含む)が参加した、一大レースを制したのは、馬…のように長い顔と手足だが「人間」の、ヒュー・ロブさん(27)。彼はインディアンの末裔でもないし、過激なショートカットもしなかったが、その鍛えられた『脚�xで着実にコースを走り抜け、最終的には馬を2分以上も突き放す、2時間5分19秒という成績で、見事優勝してみせたのだ(彼は本大会初出場だが、他のマラソン大会でも数々の優秀な成績を残している)。


『大地の俊足』ヒュー・ロブさんは、歴史的勝利に沸く中で、優勝賞金500万円の使い道について、こう答えたという。「賞金はまず、そこそこのトレーニングシューズを買うのに使うよ」。






北海道うまプロジェクトでは 

Man vs Horse Marathon を日本で初めて開催します。

ただ日本では馬に慣れていない国民性を鑑み、安全航行のため、「人間」と「馬」のスタート日程を一日以上ずらすこととします。11月の季節の良いシーズン、祭日と週末を組み合わせ、イギリスよりも長い距離を競走する設定とします。

トレラン「人間」vs「馬」

【実行委員会今後の予定】

2017.2   実行委員会立ち上げ
2017.3   大阪兵庫京都エンデュランス2017トライアル
2017.11.3   北摂〜嵐山トレイル2017「人間」
2017.11.4   大阪兵庫京都エンデュランス2017「馬」
2018.3   大阪兵庫京都エンデュランス2018トライアル
2018.11.3   北摂〜嵐山トレイル2018「人間」
2018.11.4   大阪兵庫京都エンデュランス2018「馬」
2019.3   大阪兵庫京都エンデュランス2019トライアル
2019.11.3   北摂〜嵐山トレイル2019「人間」
2019.11.4   大阪兵庫京都エンデュランス2019「馬」


作成者:Aki Arai D.V.M.