sd main logo
北海道うまプロジェクトHokkaido Uma Project Association
メニュー

Man v Horse Marathon

山あり川ありのトレイルルートを「人」と「馬」が競い合うマラソン
山あり川ありのトレイルルートを「人」と「馬」が競い合うマラソン

Man v Horse Marathon とは、山あり川ありの トレイルルートを「人」と「馬」が競い合う  マラソンスポーツのこと

英国ウェールズ中部の原野で毎年開かれているのが、山あり川ありの22マイル(約35Km)を、「人」と「馬」が競い合うマラソンレース「Man v Horse Marathon」だ。あるパブでの酔っぱらい同士の会話から始まったという、この奇妙で無謀なレースは、やはり当然のことながら、これまで全て「馬」側の勝利に終わってきた。


このレースの面白いルールとして、「馬」が勝った年は、賞金が翌年に持ち越されてしまう。過去24回全ての敗北により、25回目となる今年の優勝賞金は、『25000ポンド(約513万円)』にまで膨れ上がっていた。500万円だッ! 「スティール・ボール・ラン」ファーストステージの優勝者に支払われたボーナス金『1万ドル(約120万円)』を遙かに超える金額だ。

そして2004年6月12日。馬47頭、人間566人(馬の扮装をした人間含む)が参加した、一大レースを制したのは、馬…のように長い顔と手足だが「人間」の、ヒュー・ロブさん(27)。彼はインディアンの末裔でもないし、過激なショートカットもしなかったが、その鍛えられた『脚�xで着実にコースを走り抜け、最終的には馬を2分以上も突き放す、2時間5分19秒という成績で、見事優勝してみせたのだ(彼は本大会初出場だが、他のマラソン大会でも数々の優秀な成績を残している)。


『大地の俊足』ヒュー・ロブさんは、歴史的勝利に沸く中で、優勝賞金500万円の使い道について、こう答えたという。「賞金はまず、そこそこのトレーニングシューズを買うのに使うよ」。






トレラン「人」vs 「馬」ではエイドステーションが準備されます
トレラン「人」vs 「馬」ではエイドステーションが準備されます

北海道うまプロジェクトでは 

Man v Horse Marathon を日本で初めて開催します。

ただ日本では馬に慣れていない国民性を鑑み、安全航行のため、「人」と「馬」のスタート日程を一日以上ずらすこととします。11月の季節の良いシーズン、祭日と週末を組み合わせ、イギリスよりも長い距離を競走する設定とします。

トレラン「人」vs「馬」

【実行委員会今後の予定】

2017.2   実行委員会立ち上げ
2017.3   大阪兵庫京都エンデュランス2017トライアル
2017.11.3   北摂〜嵐山トレイル2017「人」
2017.11.4   大阪兵庫京都エンデュランス2017「馬」
2018.3   大阪兵庫京都エンデュランス2018トライアル
2018.11.3   北摂〜嵐山トレイル2018「人」
2018.11.4   大阪兵庫京都エンデュランス2018「馬」
2019.3   大阪兵庫京都エンデュランス2019トライアル
2019.11.3   北摂〜嵐山トレイル2019「人」
2019.11.4   大阪兵庫京都エンデュランス2019「馬」


日本で初めてのMan v Horseマラソン2019 プレイベント
日本で初めてのMan v Horseマラソン2019 プレイベント

2018.11.3~4 プレイベントを実施しました!



【日本初】大阪で人 vs 馬のマラソン大会を開催します! 

参加者 大募集!

走るのはちょっと無理だけど・・・

< 大会運営ボランティアに参加する>

< サポーター・クラウドファンディングに参加する>




1.プロフィール


名前: 一般社団法人 北海道うまプロジェクト

2.実施したい企画の内容について
実施したいこと人 vs 馬のマラソン大会開催は日本で初めて。英国ウェールズ中部の原野で毎年開かれているのが、山あり川ありの22マイル(約35Km)を、「人」と「馬」が競い合うマラソンレース「Man v Horse Marathon」だ。北海道うまプロジェクトでは Man v Horse Marathon を日本で初めて開催します。ただし日本では馬に慣れていない国民性を鑑み、安全航行のため、「人」と「馬」のスタート日程を一日以上ずらすこととします。
企画の実施時期11月の季節の良いシーズン、祭日と週末を組み合わせ、イギリスよりも長い距離を競走する設定とします。今年はトライアルレースを、来年春4~5月に本大会を予定しています。(2019秋11月中旬に決定しました)
開催場所・対象エリア大阪兵庫京都の三府県境からスタートして、大阪湾を一望する北摂最高峰の深山(標高790m)の絶景ポイントを走ります。京都るり渓リゾートでの前夜祭もお楽しみの一つ。人馬は日本中、あるいは世界から参戦可能です。(箕面森町〜能勢町元東中学校ルート2019になりました)

3.クラウドファンディングでこれからチャレンジしたいこと
大阪北部に位置する最高峰の深山(標高790m)は京都るり渓リゾートと東西背中合わせの山。大阪兵庫京都の三府県境を擁し、大阪湾を一望できるほどの絶景ポイントでありながら、昭和45年ごろまで牧場として利用されていたが、負の遺産、不法投棄などで荒廃し尽くした状態で未利用放置されていた。一般社団法人 北海道うまプロジェクトは、賛同者が毎日のように集い、手作業でのゴミの片付け、自然豊かな湧水利用による馬の昼夜放牧を実施。地元住民の協力を得て危険な道の改修工事をして、大型台風や雪害から車道を守ってきた。実は深山の頂上には、京阪神市街地を洪水から守る、淀川水系の雨量レーダー基地がある。この車道は、水害の際にはスクランブルポイントとなって活動しなければならない重責を負っていたのだ。大阪府の自然公園として保護されて、山全体はイノシシやシカが走り回る、魅力溢れる動植物の宝庫である。深山草はここだけに咲き美しい凛とした花弁を持つ。桂川、猪名川の源流として、不純物の全くない蒸留水が湧き出している。今回会場としてここ深山一帯を整備し、より良い自然公園としての活用をしていけるよう、トレイルランニングコースと駐車場、二次的には星空観察・乗馬でのサンライズライド・大阪での雪中トレイルを楽しめる場所にして行きたい。

4.SNS
Facebook
ファンページ [ https://www.facebook.com/http://www.hokkaido-umaproject.orguma.project.jp/]

個人アカウント[ https://www.facebook.com/nomadocaki]



ブログやホームページ
 URL1 : 一般社団法人北海道うまプロジェクトhttp://www.hokkaido-umaproject.org  

 URL2 : 北海道五十三次 馬で行く日高縦走湯巡り回廊 https://www.facebook.com/toukaido53/ 

 URL3 : https://www.facebook.com/groups/1153330301359146/



5.今回の企画に共感してくれる人はどんな人?

  1. ) 馬が好きな人
  2. ) トレイルランニングが趣味の人 
  3. ) スポーツ大会を開催する運営側の楽しさを分かち合える人
  4. ) 点と点を繋ぐような、道なき道、山道を開拓する作業に共感してくれそうな、山好きな人
  5. ) 幻の高原トマトを始めとする大阪能勢の野菜ファン



6.今回の企画のリターンに用意できるもの

   支援してくれた方へのリターン

1)      お礼イベントの開催(大会2ヶ月程度のちに関西にて)
2)      開催地で生産された野菜の宅配
3)      公式グッズ(うまTシャツ・絵葉書・ボールペンなど)
4)      大自然の中の乗馬体験
5)      「北摂うまプロジェクト」へのボランティア参加


7.具体的なリターンイメージ


1)      333円で公式グッズがもらえます・・・ボールペン
2)     500円で公式グッズがもらえます・・・絵葉書が届きます

3)   3000円で公式グッズがもらえます・・・Tシャツ


4)   5000円で「大阪兵庫京都エンデュランス馬術大会」や【日本初】人 vs 馬マラソン大会への選手登録料の割引


5)  10000円で〜幻の*高原トマト1箱(3kg)

品種:桃太郎
大きさ:2L
ランク:秀
産地:大阪天王ナチュラルファーム産
時期:9月まで

6)  30000円で大自然の中の乗馬体験

時期:12月~3月
場所:遊馬らんどグラスホッパー大阪深山

7) 100000円で「北摂うまプロジェクト」への参加権

詳細:一般社団法人 北海道うまプロジェクトの公式HP参照
各SNSへの参加も含みます


8) 1000000円で法人様限定で一般社団法人北海道うまプロジェクトと契約を交わし、社員の福利厚生にお使いいただけます。馬との触れ合い・牧場見学・厩務作業体験・乗馬体験

一口:1000000円
口数は社員の総数により、法人が申請し、日程は法人から予約を入れていただきます。



【日本初】大阪で人 vs 馬のマラソン大会を開催します! 

参加者 大募集!

走るのはちょっと無理だけど・・・

< 大会運営ボランティアに参加する>

< サポーター・クラウドファンディングに参加する>