エドウィン・ダン・エンデュランス馬術大会 回顧録

アクマップエンデュランス馬術大会 2005 

開催にあたってのご挨拶


 日頃より馬産業振興に御足労され皆様には、秋風を爽やかに感じます今日この頃、ここら辺で少し一服をい かが?と、このたびの馬術大会へのお誘いをさせていただく次第でございます。

「エンデュランス」とは耳慣れない内容につき、ご案内を一読された後のご質問、いつでもお引き受けさせ ていただく所存にございます。

 会場には、旧新冠御料牧場敷地をお借りします。ご存知のように明治 5 年開拓使長黒田清隆が、北海道牧場 改良の必要から、日高国新冠郡に面積 2 億余萬坪の牧場を開設、明治 6 年木柵・厩舎を設け、日高国各郡に 散在していた野生馬 2.262 頭を移牧、明治 7 年には開拓使顧問の米国農務局長「ホラシー・ケプロン」が視察、 明治 10 年には場名を新冠牧馬場と定められ「エドウィン・ダン」の意見と設計に基づき管理・運営され、明 治 16 年宮内省に移管されました。場内には明治の世から今も残る甲申坂、龍雲閣、20 間道路があり、また今 馬術大会のコースの一部には次のようなエピソードもあります。


 大正 11 年昭和天皇陛下が皇太子時代に当場へ行啓されたおり、宿泊所の龍雲閣へ一泊し、並み居る侍従を尻目に、一挙に丸山分厩(現北大 付属農場)を目がけて乗馬で疾走した。一瞬の間に分厩の入り口まで駆け抜け、道端で草刈をしている野ら着に袴姿の牧夫に木戸を開けるよう 命じたという。「殿下」がお一人でこのような場所に来られるなど想像もしていなかっただけに適当に対応し、あとから追いかけてきた侍従や 武官に聞き、驚き恐縮したということであった。そのまま笹山に登り馬上より、牧場、静内、新冠郡を眺められたと伝えられている。


 これ以降日高は馬産王国として気候・風土のみならず先人は技術や資本を投下し続け、馬にとってもっとも 良好な条件をそろえて参りました。

 馬ずきにとってはたまらない魅力ある日高をさらに多くのファンに伝承し続け、来町していただいた折には、 その味わいを深めていただくよう、エンデュランスを延長とするホーストレッキング体験や、農場体験を提供 していきます。

 馬はいかんせん一般市民には縁遠い生き物であるゆえ、ファンの方々へはきちんとした玄人の手解きが不可 欠です。危険で近寄り難いというイメージを払拭させるためには、日々の馬とのパートナーシップや友情や躾 が大事だということを、このエンデュランスを通じて我々は教えられています。ライダーを背に乗せ、野山を ゴール目指して共に息をきり、走りきってくれます。その間温かなチームクルー達の励ましや手当てを受ける ことができます。そうしてさらに馬は勇気づくのです。

 秋深まる 10 月末、このようなホースマンシップにのっとったアクティヴィティー・イベントを盛りあげて、 参加または観戦しにきてください。(入場無料)

 当日は新冠飛行場がメイン会場ですので、体験搭乗用のヘリコプターも来ます。紅葉に染まるコースを上空 からご覧になっていただけます。(前売りチケット制)

 また沿道でのマラソンやラリー同様のご声援を期待して、ギャラリーコーナー用パンフレットもメイン会場 にご用意してお待ちいたしております。(有料)

 前日からお越しのエンデュランス参加、観戦のお客様には、新冠温泉でのご宿泊を斡旋しております。各自 でお申込みの際は、「エンデュランス」と一言申し添えてくださいませ。

 それでは、皆様のお越しを心待ちに致しております。

                                      実行委員会事務局 


アクマップエンデュランス馬術大会2005 各種.pdf公開資料集 ポートフォリオ1.pdf


作成者:Aki Arai D.V.M.